コラーゲンゼリー 効果

加齢で不足してきたコラーゲンを摂取して若返り

私たちの体の30%はコラーゲンでできていますがコラーゲンは加齢とともに体の中で作られる量が少なくなってきます。
細胞と細胞をつなぐ働きもあるコラーゲンが少なくなるということは積み上げた煉瓦をつなぎとめておけない訳ですから崩れてしまうのと同じで、肌でいえばシワ・たるみ・弾力がなくなってきます。
髪ならば、髪が細くなるコシがなくなってきます。

 

なら作れなくなったコラーゲンは食べて摂取すれば、再び細胞同士はくっつき元気が復活!
つまりお肌のアンチエイジング効果が期待できるのです。

コラーゲンゼリーを食べるならコラーゲンペプチドが配合されたゼリーを!

コラーゲンペプチドは、美容サプリやドリンクなどで多く目にする成分ですが、コラーゲンとコラーゲンペプチドは、構成しているアミノ酸組成はほとんど同じですが、異なるのはその分子量です。

 

コラーゲンは温水によく溶け、それが冷却されるとゼリーのようなゲル状になります。

 

しかし、コラーゲンペプチドはコラーゲンを酵素分解して分子量を小さくして作られたものであり、平均分子量が30〜36万のコラーゲンに対し、コラーゲンペプチドは数百〜数千とされています。

 

そのため、見ずに溶けやすいという性質を保ちながらも、冷却されてもゲル化することはなく、安定していることから、加工がしやすいことも特徴です。

 

これによってコラーゲン配合のサプリメントなどに用いられているもののほとんどがコラーゲンペプチドが原料になっていることが多いのです。
さらに、コラーゲンペプチドはからだへの吸収率も高く、今後の研究や商品開発への期待は高まっています。

 

 

安いゼラチンでできたゼリーじゃダメ?

 

ゼラチンは動物のコラーゲンを生成して作られた元コラーゲンです。
ですから、ゼラチン=コラーゲンという考え方は間違っていません。
ゼラチンを使った普通のゼリーが安いので普通のゼリーではダメなの?と思う人も多いでしょうが、ゼラチンの分子は大きく、吸収されにくいコラーゲンなんです。
ですから、ゼラチンを使ったゼリーを食べたくらいでは、コラーゲンの摂取をしたといえません。

 

ところが、ゼラチンを酵素を使って分解するとコラーゲンペプチドになります、すると分子が小さくなり非常によく吸収されるようになります。
ですから1キロのゼラチンを食べるのと1キロのコラーゲンペプチドを食べるのでは、コラーゲン摂取量は全然違います

 

コラーゲンは本当に良いのか?

10年ちょっと前までは、コラーゲンの効果は疑問視されている時代でした。
当時は、コラーゲンのぷるぷる効果の科学的根拠が乏しかったからです。

 

それでも、わずか数日という短期間で効果を実感する人が多かったので、コラーゲンの効果が疑問視された状態でも口コミで人気が出ていました。

 

しかし、時が過ぎやっと骨・関節・皮膚とコラーゲンの大切な関係性が発見されたのです。
これをきっかけになんとなく美容に良さそうから、本当に健康と美容に役に立つと解明されてきました。

 

すっぽんを食べた翌日は肌がぷるぷる・・なんて芸能人が言っていますが、あれまんざら嘘ではないのです。
それくらいコラーゲンには即効性という魅力がある成分なんです。

 

 

コラーゲンとビタミンCはセットで摂取しなければならない

美肌を目指すために必要とされる成分にコラーゲンとビタミンCがありますが、この2つの成分を同時に摂取することでより高い効果を得ることができるということを知っていますか?

 

肌の水分を保持して潤いある艶やかさや弾力をキープするために不可欠なコラーゲンは、不足してしまったら、肌の弾力やハリがなくなることはもちろん、膝関節に痛みを生じるなど関節機能も低下します

 

コラーゲンを補うために化粧品を使っても、肌の表面である表皮に効果はあるものの、肌の奥深くにある真皮まで到達させるのは難しいことです。

 

もちろん、骨や関節に対する効果を得ることもできません。そのため、からだの内側でコラーゲンを生成させることも必要です。

 

しかし、コラーゲンはビタミンCが不足すると十分に生成されないので合成する際にビタミンCが加わることで、強い構造で質の高いコラーゲンを作ることができます。

 

また、生成量も増やすことができるので、コラーゲンとビタミンCはセットで摂取することが重要だと考えられています

 

コラーゲンを食べても意味がないと言われてしまった理由

大人なら誰でも知っているように、牛の肉を食べるとその肉が私たちの肉になる訳ではありません。
分解されアミノ酸となり、結果として私たちの骨や肉の原料となります。

 

だから、食べたコラーゲンが私たちのコラーゲンになる訳ではないのです。
しかし、すっぽん食べたら、翌日の肌が違う・・なんていう口コミがあたかも、すっぽんのコラーゲンが私たちの肌となったような誤解を生じさせてしまったのです。
これは、一重にコラーゲンの即効力がもたらした良い誤解なのですが・・

 

しかし、科学的にはそのような現実はなく、分解され吸収され体のあらゆるところに運ばれていくのですが、決して食べたコラーゲンが私たちのコラーゲンにはならないのです。
そこが、コラーゲンを食べても意味がない、コラーゲンゼリーやサプリは嘘だと言われてしまった所以です。
実際には、分解されたコラーゲンはコラーゲンペプチドとなり体の細胞に運ばれて細胞に働きかけるのです。
しかも体の至るところの細胞まで届き入りこんでいくことができるのです。

 

細胞に直接働きかけるからこそ細胞を活性化させたりヒアルロン酸を作りだす環境、コラーゲンを作りだす環境を促す働きがあるのです。

 

ですから、コラーゲンを食べてもアミノ酸になるだけで安いタンパク質サプリで十分だというのは古い話であり、今では、コラーゲンを食べるのには意味があるとされています。
よく、コラーゲンを食べるなん意味がない、詐欺だというヤフー知恵袋なんかで回答されている方がいますが、それは2010年より前の話です。

 

 

代謝アップでコラーゲンを活性化しよう

からだの代謝をアップすることで、ダイエットや健康維持の効果があることは知られていますが、美容効果があるということをご存知ですか?

 

私たちのからだは常に新しい細胞が生まれて古く劣化した細胞と入れ替わっています。
これを代謝と呼んでいます。
コラーゲンも同じように繊維芽細胞と呼ばれるところで生みだされ、真皮で役割を果たし、古くなったら入れ替わるという代謝を繰り返しています。

 

若いときには代謝のリズムがスムーズなのでコラーゲンが劣化する前に新しいものが生みだされるので質の良いコラーゲンを保つことができています。
しかし、年齢を重ねたり外部刺激が原因となって、代謝がうまく行われないようになると、劣化したコラーゲンが溜まりやすくなって、良質のコラーゲンを保つことができず、肌や髪の毛、軟骨などのコラーゲンを保つことができなくなり、その機能に影響が出て老化の原因となってしまうのです。

 

これらを避けるためには代謝アップを図ってコラーゲンを活性化する必要があるのです。

化粧品のコラーゲンと食べるコラーゲンの違い

コラーゲンは私たちの身近な成分となり、化粧品や食品に含まれ、多くの商品が存在しています。
コラーゲンが本来持っている構造をそのまま抽出して水に溶かしたものを水溶性コラーゲンといいます。
化粧品に使用されているのは水溶性コラーゲンが主であり、この原料となっているのは魚の骨や皮、うろこなどを原料とした潰瘍性コラーゲンなどがあります。

 

対して、食品に利用されているのは低分子コラーゲンとも呼ばれているコラーゲンペプチドです。
コラーゲンペプチドはコラーゲンのアミノ酸組成を同じままに酵素分解して水に溶けやすく吸収されやすいようになったものです。

 

主に摂りの胸部軟骨などを原料として、人間の体内に存在しているコラーゲンに形が近いとされています。

 

それぞれをどのように使用するかは、それぞれの目的によって選ぶことが重要でしょう。

コラーゲンも老化する

加齢で代謝が衰えます。
>代謝とは、古い物が壊れ排出され、再び新しい物が作られるということです。
ですから、代謝が衰えるとは、古い物が壊れても排出されなくなり、新鮮な物が作れなくなってくるという意味です。

 

加齢によってコラーゲンが作られにくくなった上に、新しく作られるコラーゲンも質が悪くなってきます。
Wで劣化による影響が襲ってくるので要注意です。

 

50代になると、20代の70%しかコラーゲンは作られなくなるうえに、質が悪くなる
だから、50代超えるとグーッとしわやたるみが増えるのもわかりますね。

 

70代80代になると膝が悪くなったり骨折しやすくなったり、するのもすべてコラーゲンの減少と質の悪さが原因なのです。

 

肌荒れの原因とサプリメントの選び方

サプリメントで、美容に役立つ栄養成分を体内に取り入れることで、肌荒れの症状を改善する効果が期待できます。
様々な要素が肌荒れには関わっていますが、食事の内容が偏っていて、お肌に必要な栄養素が足りていないと、肌の代謝が悪くなります。

 

ターンオーバーが正しく機能せず、新しい皮膚が古い皮膚にとってかわることができないまま、古い皮膚が残っていると、肌荒れがよく発生します。
お肌の保湿力を維持し、正しいターンオーバーが続けられるようにするには、コラーゲンやたんぱく質、亜鉛など、肌の健康に必要な栄養成分をしっかり摂取しておくことです。
暴飲暴食をすると、胃はものすごいスピードで食べ物を消化しようとして負担がかかり、口の周りがカサカサしたり吹き出物が出たりするケースがあります。

 

顔を洗う時に、強くごしごしこすりすぎたり、洗浄力の強すぎる石鹸を使ったために、本来皮膚に必要な油分まで除去されて、肌荒れになることがあります。
肌を守るために必要な油分までが失われると、肌荒れや、肌の水分不足が発生しやすくなります。多くの人が、ビタミンなどの美容にいい成分を配合したサプリメントを摂取して、お肌の状態を改善しようとしています。

 

ビタミンCを始め、ビタミンA、B、Eを含むビタミンは、美肌にいいとして、利用者が大勢います。
乳酸菌は、腸内の悪玉菌の数を減らしてくれる作用があるため、腸の調子を整え、お肌を改善する効果があります。
乳酸菌が配合されたサプリメントは多くのメーカーが取り扱っており、種類も豊富になるので、自分の肌や体に適したサプリメントを選ぶことができます。
日頃の食生活をふりかえってみて、足りない栄養素があることに気づいたら、まずはサプリメントを使ってみるといいでしょう。

 

美白を助けるサプリメント

ビタミンは美白にいいというのはかなり知られていて、サプリメントもかなりの数が存在ます。
ビタミンサプリメントの中でも、特に美白に効果があると言われているのは抗酸化ビタミンを含むサプリメントです。
抗酸化ビタミンに該当するのは、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCなどです。活性酸素の増加を防ぎ、皮膚や、粘膜の健康を維持する栄養素です。
ビタミンのサプリメントといっても、どのビタミンが、どのくらい含まれているサプリメントかは重要なことです。

 

ビタミン以外に美白に効果のある栄養素として知られているものに、補酵素系の成分があります。
美白に役立つ栄養素として、補酵素のサプリメントは注目度が高まっています。抗酸化力が強い補酵素は、美白にとっては重要な成分です。
コエンザイムQ10やグルタチオン、L-システインなどが、補酵素系のサプリメント商品の代表と言えます。
抗酸化エネルギーの代謝を促進したり、抗酸化作用を持つのと同時に、体の解毒力をアップする役割を持ち、美白の効果が期待できる成分として有名です。

 

美白のためにサプリメントを使いたいと思っているならば、真っ先に候補に入れておいてほしいものが、補酵素のサプリメントです。
もしも、肌に炎症がよく起きるという場合は、ドコサヘキサエン酸や、イコサペンタエン酸を摂取しましょう。
イコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸などが含まれたサプリメント商品も美容や健康に関する雑誌やサイトでよく見かける商品です。

 

サプリメントで、お肌のためになる栄養成分を確実に体内に取り入れることによって、美白効果や、美容効果を得るといいでしょう。